現在位置
 HOME >
 家づくりの基礎知識 >
 敷地編

家づくりの基礎知識

基礎知識:税金編基礎知識:敷地編基礎知識:税金編

【家づくりの基礎知識:敷地編】

敷地境界(隣地境界)と建物の離れ

建物と敷地境界の離れは、用途地域、建物形状(屋根の形など)、構造(高さ等)などにより異なります。道路や隣地など周りの状況を考えながら、余裕のある計画を立てたいものです。
実際には隣地境界線からの離れは、建築基準法では低層住居専用地域で1.0mまたは1.5m(境界線より外壁面まで、建物の芯ではありません。)と定められています。
民法では敷地境界線より50cm離すことと定められています。

トップへ戻る