現在位置
 HOME >
 建築・施工事例 >
 2009年11月アーカイブ

建築・施工事例

松栄団地! まもなく完成!!

松栄トップ2.jpg

メット最初jpg.jpg ここ栗山町では国蝶のオオムラサキもサナギから成虫となり爽やかな初夏の風をうけて飛び立とうとしている6月下旬、平成21年度の松栄団地新築工事がいよいよスタートしました。
 老朽化に伴い、昨年度から始まった松栄団地は公営住宅の適正な整備により、町民が安心して暮らせる住宅の供給を目的とし、平成26年までに132戸13棟の新築を計画しています。その内、今月11月で合計40戸4棟の完成を迎えようとしています。工期終了まであとわずかとなりましたが完成に向け、建設業者のみなさんの協力のもと、工事も順調に進んでいます。それでは、その工事風景をご覧下さい!

 

罫線始め.jpg 

01.jpg

 

  杭打ち完了!大切な土台作りです。捨てコンクリートを打ちました。

罫線始め.jpg  02.jpg

写真はいわゆる基礎作りです。その基礎となる鉄筋・型枠を組み立てています。

罫線始め.jpg03.jpg

コンクリートを打設、完了しました。1F床のコンクリートの下には外気温の影響を和らげ、屋内の温度を一定に保つため、断熱材が敷きこまれています。

罫線始め.jpg

04.jpgのサムネール画像

施工は1Fから2Fの建方へと!その前に足場を設置します。いよいよ建物の全貌が見えて来ます。

罫線始め.jpg05.jpg

ここからは大工さんの出番です!2Fまで柱・梁・床が組み上がりました。

罫線始め.jpg  06.jpg

外壁に構造用合板を貼り下地作りです。同時に内部でも内装の下地作りが始まっています。
※構造用合板とは建物の躯体(建築物の骨組みにあたるもっとも重要な部分のことで木造軸組であれば、柱や梁、基礎など。)を支える構造として用いられる合板のことで、建物の構造上重要な部位に使用する合板を言います。

 

罫線始め.jpg77.jpg

外壁下地の続きです。写真では断熱材を貼ったその上に、雨や風は通さないよう防水シートを貼っています。

 

罫線始め.jpg  08.jpg

外壁材はガルバリウム合板で貼り、一部赤色にしアクセントをつけています。

※ガルバリウム合板とはアルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた鋼板です。

罫線始め.jpg09.jpg

足場が外されいよいよ外観のお披露目です!外回りは只今、最後の工程の外構工事の真っ最中です!!

 

罫線始め.jpg 

メット最後.jpg

 完成まであとわずか!! 全員、最後まで気を緩めることなく無事故無災害に務め頑張っています。次回はいよいよ松栄団地の全貌(完成)をお届けします! 

                                              現場代理人  乙 和人

罫線終わり.jpg

トップへ戻る